Pocket

こんにちは。あやおり子(@ayaoriko)です。

今回転職先が埼玉になりましたので、世田谷から浦和に引っ越しました!

特に感じたのは、社会人になってからの引っ越しの大変さ
前の引っ越しは学生時代で平日も動けましたが、
土日しか使えなくなった社会人は計画性が大事だと感じました…

今回は社会人として、引っ越しにあたり知った事を書いていきます!

ガス・電気・水道は計画的に止めよう!

社会人の引っ越しは、計画性が第一。
2,3日前から契約可能なものもありますが、立会いが必要になると、思う通りの日時が決めたいものです。

今回は、計画的にガス・電気・水道を止められるように注力しました。

お客様番号は絶対に控えておこう!

今回はすべてインターネットから申し込みました。
インターネットで申し込む場合は。どれもお客様番号が必要です。
お客様番号は検針票(毎月届く値段がかいてある紙)にかいてあります。

検針票が見当たらず、お客様番号がわからない場合は電話で問い合わせることになりますが、
人手不足のためか、待ち時間がものすごーく長い!!!

無駄なイライラを防ぐためにも、電気・ガス・水道の検針票は残しておきましょう。

ガス(東京ガス)は立会いが必要なので最初に!

最近はオール電化の家が多いですが、
引っ越しが決まったら、まずはガス停止の日時を決めます。

ガスは立会いが必要なので、なるべく土日を確保しておきたい!と思い、
一番最初に日時を決めました。
(※水道はオートロックの場合のみ、立会いが必要だそうです。)

ガスはお風呂に入る時とコンロを使う時がメインなので、
少し早めでも問題はないかなーと思っています。

水道(東京都水道局)の停止は最終日がおすすめ。水が必ず止まる訳ではない???

意外と使うのが水道です。
引越し業者さんが去った後に水拭きが必要だったり、
大家さんに引き渡す前にトイレに行きたかったり。
実は水より電気のほうが重要かもしれません。

実は私が一番驚いたのですが、
物件によっては水が必ず止まる訳ではないらしいです。
ネットで調べたところ、「検診停止」と「栓を止める」行為は別だそうで、
軽い水道利用は容認されるそうです。(参考)

実はこんなのも!ネットで出来るもの!

今の時代、ネットでなんでも出来る時代なんだなぁと実感しました。

郵便物の転送届けもネットで出来る。

郵便局に行き、転送届けを書かなくては…と思っていましたが、
実はネットで出来ます!(https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/index_sp.html)

電話番号で認証したりと、結構しっかりとした手順を踏みました。

世田谷区の粗大ゴミはネットで要申請!

粗大ゴミの扱いは地域によって違いますが、
世田谷区はネットで1週間前から申請することができます!
電話でも申請することができますが、
なるべく土日に全てを終わらせたい私にとって、ものすごく有り難かったです。

住民票の移動は、役所の休日窓口を要チェック!!

一番の問題は住民票かもしれません。
区役所は基本土日休みのため、計算して行かないと半休を取らざる終えない状態になります。

最近だと土日に開けようと頑張ってくださっている役所も多く、
特定の場所、または月一に限ったりと、さまざまの様です。

今回の引っ越しの場合、
世田谷区は第三土曜日を覗く土曜日
さいたま市は第四日曜日
が空いていました。

もし2週間以内に移動できなければ、郵送での転出届を申請

住民票には、二週間以内に移動しなくてはいけないという決まりがあり、
最悪の場合罰金を支払わなければいけないルールがあります。

もし、休日窓口のタイミングが合わずに引っ越してしまった場合、
郵送で転出届けを申請することができます。

申請方法は役所によって変わってくるので、
HPで確認しましょう。

最大の敵は意外なものだった…

最後、役所の人に聞かれて移動し忘れていたものがありました。
それは…

運転免許!!!

住所を変更しておかないと、
免許更新の連絡が届かなかったり、証明書で住所確認ができなかったりと、
後々めんどくさくなります…

運転免許センターに行けば土日にもやっていますが、
埼玉の運転免許センターは遠いんですよ…
運転免許は警察署で更新できるため、お昼時間を長く貰って行こうと思います。

計画的を立てて、スムーズな引越しをしよう!

1ヶ月前からきちんと計画を立てていれば、スムーズに引っ越しは出来ると実感しました。

読者の皆さんも、引っ越すときはぜひ参考にしてください!