あやおり子の不思議なランチタイム

あやおりこのランチタイムは、不思議なことがいっぱいあるよ。

WEBデザイナーになって半年の私が感じる、WEBデザイナーの魅力。

f:id:ayaoriko:20171010004806j:plain

こんにちは。あやおりこです。

私はWEBデザイナーです。 まだ半年しか経っていないので、まだまだデザイナーと言えるレベルに達していないですが笑

自分は新卒時代、最初にエンジニアとして内定をもらいましたが、内定を辞退してまでWEBデザイナーに職を変えました。

私がそこまでして、WEBデザイナーに感じる魅力は何だろうか?ということを、改めて考えてみました。

お客さんが考え抜いて出来た企画を、自分の技術で引き立たせる仕事

あくまでも私の持論ですが、HP制作をテレビの制作会社で例えると、

ディレクターはディレクターさん。
プロデューサーはプロデューサーや営業さん。
コーダーはカメラマンだと考えています。

では、WEBデザイナーは?
美術さんという考えもありだと思いますが、
私は「映像を編集したり、テロップを入れたりする人」だと思っています。

WEBサイトは、特に気にしなければ、PDFを貼り付けでも十分なもの。

しかし、わざわざWEB用にデザインしてコーディングをします。

その理由は、「その方が色々な人に見てもらえるし、使いやすいし、面白いから」だと思います。

UIを考えて、操作性を向上させる。

一枚のページにコーディングをし、あらゆるブラウザに表示させ、かつ速度を早め、SEOに引っかかりやすくする。

その上、動きをつけることでサイトに個性を出すことができるのが、WEBデザイナーだと思います。

お客様が考え抜いた製品や事業を、自分の力で商品の魅力を倍増させられる。

そんなWEBデザイナーは、影の立役者だと思います。

作った作品を「自分が作った」と自信を持って言える。

街中のエレベーター。

エレベーターメーカーのおじさんが、「これは自分のところで作ったんだよねー♪」と自慢げに話していました。

それをきいて、私はなんとも言えないモヤモヤ感を感じました。

就活時代、SIerの「ボタンを一つ機能する為に動くシステム作り」の話を聞いたときも、なんとも言えないモヤモヤ感。

その理由は、製品の一部しか関わっていないにも関わらず、「自分で作った」と言っているからなのではないかと思いました。

しかし、お客さんとのやり取り・デザイン・製作のうち、実際に自分が関われる仕事は一部のみでの分担作業。幅広く関われる仕事はほとんど無いです。

全ての工程を自分で行い、自信を持って「自分で作った」と言える数少ない仕事がWEBデザイナーなのではないかと思います。

WEBデザイナーの職業にとらわれない「何でも出来る自由」がある。

デザインを含め、HTMLやCSS、jQueryのマークアップ知識をもちろん持っていて、それにプラスアルファで色々出来るのが、WEBデザイナーの魅力だと思っています。

独立して経営者になってもいい。
フロントエンドエンジニアになってもいい。
SEOに強いコーディングを極めてもいいし、マーケティング力をつけてもいい。

WEBのスペシャリストだけど広く浅くできる職業だと思っています。

よく「ジェネラリスト」と「スペシャリスト」のどちらをやりたいですか?という質問がありますが、
飽き性な私は、スペシャリストほど同じ知識を完璧にこなせないし、
ジェネラリストのような人をまとめる能力もない。
自分はどちらにもなれるイメージが浮かばないし、なりたいとも思いませんでした。

そんな中で出会ったWEBデザイナーは「何でもなれる」存在。

ある時はデザイナー、ある時はプログラマー、ある時はコーダーと、必要な時に色々と立ち回れる仕事は、どちらにもなれそうになかった私にとってぴったりな仕事でした。

WEBデザインはいろんな人に見てもらえる。

WEB業界は流行の移り変わりが激しいですが、WEBデザイナーはも例外ではありません。

新しいものを求めるあまり、どんどんサイトが変わっていく。

1年前のものでも古いと言われる、将来に残らないデザイン。

そんなWEBデザインが、紙と比べて「寂しい」と思う人も少なくないです。

なぜ私がWEBでデザインをするのか。

それはいろんな人に見てもらえるのが魅力だと思います。

私の実家の福島でも、私に縁もゆかりもない外国の人まで、「WEBを観れる」という条件だけを満たしていれば、誰でも自分の作品を見てもらえる。

そんなことができる媒体は、今の所WEB以外にありません。

検索さえしてもらえれば全世界に流れるWEBの仕組みに、私は魅力を感じます。

まとめ

WEBデザイナーの魅力を感じていただけたでしょうか?

WEBデザイナーといっても、デザインのみの人やどっちもやる人などやっていることは違いますが、今回はデザインとコーディングのどっちもやる人という設定で書きました。

転職をきっかけにまとめてみましたが、今は将来自分の思い描くWEBデザイナーになれるように頑張るばかりです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!